English
ホーム会社概要業務内容ダウンロードセンタよく寄せられる質問連絡先ネットホーム地図

    ファーストトラック

オフショア会社サービス
現在の場所 : ホーム >> 業務内容 >> オフショア会社サービス
 
オフショア会社設立のメリット

オフショア会社設立のメリット


オフショア会社とは海外会社を意味します。通常は、オフショア会社のメリットとして以下のことがあげられます:

多国籍の業務を発展して、企業のイメージを昇格させます。
今の世界経済日に日に一体化、ビジネスはますます国境に跨る発展を現れる。企業は多国籍で経営することを企業の実力を強めて、企業の経営区域を拡大します。オフショア会社は企業が世界に向かうことで、多国籍の業務を展開して、企業の国際イメージを昇格させます。

便利な国際貿易、タックスヘイブンの避ける 
企業がアメリカにへ生産物を輸出して、割当額及び相関手続きの申請が必要で、多く1−2倍コストがかかります。若し企業はオフショア会社があれば、先ずオフショア会社に生産品を輸入して、後でオフショア会社からアメリカへ輸出します。タックスヘイブンの避けして免税の優遇を獲得します。

為替管理を避ける、便利な資金導入
為替制度のため、海外上場制度が厳しく、及び沢山の人為的な要素を存在します。これは直接企業の国際融資に影響します。無駄な時間を費やす資格審査と許可を待つより、オフショア会社を設立するほうがいいです。会社の名義で海外融資及び上場を行います。オフショア会社の資金移転は制限がないで、資金の使用が便利です。

設立手順が簡単、開放、コストが低い
オフショア会社設立手順が簡単で、専門の設立代行会社を通じて申請する方法、登記人が登記地に来ては必要ありません。
 
合法に税金を避ける
全てオフショアではオフショア会社の収益がほとんど非課税、或いは極めて税率(例えば1%)です。あるところは相続税を免除します。オフショア会社を利用して税務をアレンジして、合法的に税金を避けます。
 
簡単的な会社管理
オフショア会社は毎年株主総会及び取締役会の開催義務が無い、たとえ開催しても、場所が任意で選ぶことができる。管理手続きが簡単です。

登録資料及び書類の機密性が高い
オフショア会社の株主身分、取締役名簿、株券割合、収益状況等資料の機密が高い、且つ法律の保護があります。公衆人士は査閲できない、合法的にオフショア会社に対して輸入審査資格を取る信託管理会社は会社の資料を査閲ができます。同時に、信託管理会社は関連資料を漏らすことを禁止する。
 
営業範囲と地域範囲の制限が無い
個別に限定的な業界を除く、例えば銀行、保険、軍事など。オフショア会社の経営範囲はほとんど制限がありません。登録住所を除く、会社は世界のいかなる国家に業務と経営を展開できます。
 
制限が少ない
大部分オフショア会社或いは海外会社登録地の法律は投資人、株主、取締役の人数に対して制限が無い。株主と取締役の国籍、年齢、資産など制限が無い。且つ、大部分オフショア会社登録地/国家の法律は法人が会社取締役の職業を担当することができます。
 


>